MENU

中国の省別企業数・日本商工会組織

column

2016年11月16日

利墨(上海)商務信息咨詢有限公司 総経理 有井次郎

中国大陸には4直轄市、22省、5自治区がありますが、各地域別の法人企業数や外資系(外商)企業数、日本商工会組織がどのくらいあるか見てみましょう。

中国各地域別の法人企業数

法人企業数では、江蘇省が118万社と一番多く、続いて広東省110万社、浙江省108万社、山東省82万社の順となっています。4番目に多い省が、山東省というのは意外でした。上海や北京が該当する直轄市は「省」に比べると企業数は少なく、北京市は5番目の62万社、上海市は8番目の40万社、重慶市32万社、天津市24万社となっています。やはり、直轄市は面積が小さく、上海市を基準とすると、江蘇省の面積は16.5倍、広東省は30倍の大きさであり、企業数も当然多くなっているのでしょう。
反対に企業数が少ないのが、西部地域である西蔵(チベット)自治区9千社、青海省3万社です。この2つは人口も最も少ない地域です。
なお、中国における全法人企業数は1,062万社となっており、日本法人数430万社の約2.5倍あることが分かります。

中国各地域別外資系企業数・日本商工会組織

外資系企業数では、上海市が一番多く2.1万社、続いて江蘇省2万社、広東省1.6万社であり、全企業数に占める外資系企業割合が一番高いのは、上海市で5.20%、続いて天津市2.23%、江蘇省1.71%となっています。内陸地域で成長している地域である、重慶市は859社(0.27%)、武漢がある湖北省は1,901社(0.44%)、成都がある四川省は1,293社(0.50%)とまだまだ低いことが分かります。
中国大陸における全外資系企業数は、12万社あり、そのうち日系企業が2万社前後占めています。
各地域の日本商工会組織に所属する法人会員数も、上海市が一番多く2,300強となっており、次が蘇州、無錫、南京を合計した江蘇省の961です。やはり、外資系企業が多い地域は、日系企業や商工会組織会員数も多いことが分かります。

参照URL:http://www.allchinainfo.com/map/asia-china/chinadist_city

  • 中国法人数、外資(外商)企業数は国家統計局2014年度データより
  • 商工会法人会員数は「中国経済と日本企業2016年白書」または各商工会HPより
  • 掲載しているブランド名やロゴは各社が所有する商標または登録商標です。
  • この情報の著作権は、執筆者にあります。
  • この情報の全部又は一部の引用・転載・転送はご遠慮ください。