MENU

中国航空会社のサブスク・乗り放題キャンペーンについて

column

2020年09月30日

利墨(上海)商务信息咨询有限公司  逢坂 興昌

新型コロナウイルスの影響で、全世界で航空会社には大きな影響が出ており、経営破綻した企業もいるほど大きなインパクトがあります。中国では国の支援が受けられるとはいえ、経営が厳しいことは変わりありません。その打開策として、各航空会社が提供し始めたサービスが「サブスクリプション」です。

音楽サービスや動画配信サービスなどで馴染みがある販売方法だと思いますが、航空会社では見かけないものでしたので、今回ご紹介していきたいと思います。

中国航空会社のサブスクリプションサービスとは?

簡単に言うと日本円で約5万円程度支払えば、エコノミークラスの飛行機が乗り放題というサービスを展開しています。

きっかけは?

中国航空会社大手「東方航空」が2020年6月18日に初の放題キャンペーン「周末随心飛」を開始したのが始まりです。コロナウイルスの影響によりビジネス客に比して、旅行客の利用が少ないため、土日の乗客率が低い状態でありました。この点を改善させるために乗り放題キャンペーンを打ち出したと見られています。また、航空業界の戦略的主導的役割を果たすために打ち出したと言われています。

その結果、主要航空会社が続き、価格を抑えて販売している企業や、実質無制限のチケットを販売する企業も現れました。また、香港・台湾・マカオへの渡航や外国人の利用は、基本的に対象外でありますが、春秋航空は対象としているなど、各社が販売戦略を変えて消費を刺激する活動しています。

弊社スタッフが撮影した中国東方航空の飛行機

弊社スタッフが撮影した中国東方航空の飛行機

どんなサービス?

主要各航空会社が提供している乗り放題サービスの一覧をまとめてみました。

航空会社 名前 特徴 期間 費用
東方航空 周末随心飞 週末限定 20年12月31日迄 3,322元
東方航空・上海航空 早晚随心飞 平日朝8時前、
夜8時後限定
21年6月30日迄(春節除く) 3,456元
海南航空 随心飞 平日朝8時前、
夜8時後限定
20年12月31日迄(国慶節除く) 2,699元~
華夏航空 无限飞 医療スタッフ、
新規顧客限定
地域・期間無制限
20年10月24日迄(国慶節除く) 2,999元
南方航空 快乐飞 制限なし
※香港/台湾/マカオ不可
21年1月6日迄 3,699元
春秋航空 想飞就飞 制限なし
※香港/台湾/マカオ可
20年12月31日迄 2,999元~

キャンペーン実施後の効果について

東方航空の「周末随心飞」は初日だけで10万枚購入され、週末の約80%以上は、乗り放題チケットを利用している顧客であるとの報告もあり、利用の活性化が進んでいます。

弊社スタッフが確認したところ、現在2020年9月9日時点では、ほとんどの会社が乗り放題チケットの販売を終了しており、南方航空は2日間で30万件購入され、完売したという報告があります。それほど中国に住んでいる方にとって乗り放題チケットが魅力であったことが伺えます。

飛行機がどれだけ人を運んだかという「旅客輸送量(中国国内)」で見ると、最初にスタートした東方航空では、最大のマイナス幅が2020年2月前年同期比▲88.5%であったことに対し、同年7月には前年同期比▲24.3%までマイナス幅を縮めることができています。特に乗り放題チケットを発表する前の5月と、結果が出始める7月では、約2倍近くの伸びとなっていました。南方航空でも同様の数値が出ており、一定の成果が出ていることが伺えます。

<主要航空会社の旅客輸送量状況>

航空会社 旅客輸送量2月
(国内)
前年同期比 旅客輸送量7月
(国内)
前年同期比
東方航空 1,350.49百万 ▲88.5% 9,581.48百万 ▲24.3%
南方航空 2,257.20百万 ▲85.9% 12,891.39百万 ▲26.9%
海南航空 656.59百万 ▲93.6% 4,868.55百万 ▲52.5%

このサブスクリプション化の目的は、おそらくコロナ禍で低迷した旅行客への「刺激」だと考えられます。主な航空会社の中間決算発表数値を見てみますと、やはり大幅に影響を受けていることがわかります。収益の補填をするということも一部あると思いますが、赤字幅を大幅に埋められるほどの数字には至らないと感じています。

「経済を活性化」(旅行で消費増加)や、「旅行自体の活性化」(旅行に行っている人を見て旅行に行く動機へ)につながると想定もでき、サブスクリプション単体での成果を追いかけているのではなく、相乗効果を狙っていることも伺えます。

主要航空会社の中間決算(2020年1~6月)

東方航空:売上251億2,900万元(前年比57.3%減)赤字87億8,700万元
南方航空:売上389億6,400万元(前年比46.6%減)赤字78億3,200万元
海南航空:売上117億1,185万元(前年比66.6%減)赤字79億4,581万元

今後もコロナとは長く付き合わないといけないことが想定できます。この時期だからこそ、今まで通りの古典的な戦略だけでなく、違った切り口で商品設計・販売活動も模索していかないといけないと、私自身がまとめた中で感じました。新しいアイディア、新しい戦略でコロナを乗り切りましょう。

※各航空会社の情報は各公式HPより入手

  • 掲載しているブランド名やロゴは各社が所有する商標または登録商標です。
  • この情報の著作権は、執筆者にあります。
  • この情報の全部又は一部の引用・転載・転送はご遠慮ください。