ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

閉じる

ここから本文になります。

サービス関連情報

07/13 J-MOTTOワークフロー新機能追加(2012年8月)のお知らせ

J-MOTTOワークフローについて、機能の追加および変更を実施致します。
追加・変更の内容については以下のとおりとなっております。

2012年8月9日(木) 19:00から適用となります。

部署コード自動採番の追加
「部署設定」にて、自動でコードが採番される「自動採番」ボタンを追加します。 採番は、CSVフォーマット形式で基幹組織及び下部組織で共通に番号を付与された順番に1から採番していきます。 同一コードで登録された場合、エラーメッセージを表示します。
承認フローの選択制限
「承認フロー設定」において別フロー選択可否の方式を選択式に変更します。
今までは別の承認フローの選択可にすると、設定された承認フローが全て選択することが可能となっておりましたが、今回の機能追加により選択できるフローを制限することができるようになります。
また、仕様変更に伴い「申請書テンプレート管理」上の表示は「全部、一部可、不可」の3つの表示となります。
承認フローの並び替え
承認フローに並べ替え機能を追加します。
表示順に数字が未入力の場合は承認フロー上の表示の順になります。
申請書の兼務部署紐付け
兼務しているユーザーが承認した場合、承認フロー上の役職で履歴を登録できるようにします。
現状は兼務しているユーザーのメインの役職で履歴を登録しており、承認印もメインの役職で表示されますが、今回の変更によって兼務上の役職で登録できるようになります。
なお、今回の変更以前の申請書の所属部署の表示は変更しません。

(例)前提: AAAが営業部の部長、システム部の部長を兼任している

ケース① : システム部で申請され、所属部長として承認を行った場合の履歴

承認 (日時表示) システム部 部長 AAA

ケース② : 営業部で申請され、所属の部長として承認を行った場合の履歴

承認 (日時表示) 営業部 部長 AAA

ケース③ : その他の部著で申請され、所属の部長でなく承認を行った場合の履歴

承認 (日時表示) システム部 部長 AAA
※システム部 部長がメインのため
申請書一覧表示・非表示の設定
管理者が「権限設定」にてユーザの申請書表示の権限を設定し、申請書一覧の表示を制限できるようになります。
なお、「権限一覧」一覧上で表示の権限がある場合は「表示」と明記されます。
テキスト入力上限文字数の非表示
現状表示しているテキスト項目の入力制限文字数の表示について機能しておりませんので非表示とします。

入力上限は変更前と変わらずありません。

計算式の対象項目位置表示の追加
申請書テンプレートの「計算」項目において、項目の名称が同じ際に識別名では判断しにくい問題がありましたので「表示位置」の項目を追加します。表示は申請書の「○行目」、「左・中・右」で表示します。
年単位連番リセットの追加
「申請番号管理」の連番方式に年単位の連番リセットを追加します。
「年単位で連番をリセット」を選択しますと、開始月の項目が表示されます。
開始月で選択した月を基準にリセットすることができます。
代理申請機能の追加
申請書の「代理申請」機能を追加します。
これまでの「代理作成」では代理で申請書を作成することしか行えませんでしたが、「代理申請」機能では申請書の作成および申請を行うことが可能になります。
また、この機能追加により以下の変更があります。
  1. 「不在設定」ボタン⇒「個人設定」ボタンに変更
    「不在設定」画面を不在設定および代理申請者の設定を行う画面に変更するため、名称を「個人設定」に変更します。
  2. 代理申請者設定
    代理申請を行うことのできるユーザーを登録する画面になります。
    登録されたユーザーのみ、自身の代理申請を行うことが可能になります。
  3. 代理申請
    申請者名で、本来申請すべき申請者を選択すると、申請者所属部署は該当するメインの部署を表示します。
    なお、兼務している場合は他に所属している部署が選択可能となります。
IE8ブラウザによるテキスト表示の途切れの対応
IE8ブラウザにて申請書のテキスト表示をすると途中で途切れてしまう問題を解消します。

本機能リリースに伴うサービスの停止等はございません。
ご利用開始の翌月末までは無料お試し期間となっております。是非ご検討ください。
J-MOTTOワークフローについて詳しくはこちら

以上

一覧に戻る

ページの終わりになります。

このページの上部へ戻ります。