MENU

無料のグループウェア。ビジネス視点でメリットとデメリットを解説

column

無料のグループウェア。ビジネス視点でメリットとデメリットを解説

2019年09月30日(最終更新 2021年04月01日)

グループウェアとは、企業や組織内での円滑な情報共有やコミュニケーションを支援するITツールです。「コストをかけず、ちょっと使ってみたい」という時、無料のグループウェアを選ばれる企業も少なくありません。では、実際にどんなサービスが提供されているのでしょうか。ここでは、4つの無料グループウェアを紹介。無料のグループウェアを導入する際に、確認しておきたい注意ポイントをまとめてみました。

グループウェアはチームの情報共有を支援するITツール

日本の企業では、チームワークが重要です。部門や課、プロジェクトの複数メンバーが協力することで、大きな成果を生み出しています。そのカギとなるのがメンバー間の情報共有で、グループウェアはこれを支援するITシステムです。メンバーそれぞれの情報や仕事の状況を、1つのシステム上で統合管理し、それらを公開・共有することで、共創を生み出すとともに、協調・協業を加速させる効果があります。グループウェアの代表的な機能には、Webメールやスケジュール管理、設備予約などがあります。

グループウェアの導入効果

では、グループウェアを導入すると、実際にどのような業務改善が図れるのでしょう。有料版のグループウェアのケースですが、複数の拠点を持つA社の導入効果を紹介します。

セキュリティの強化

紙の書類やUSBメモリで重要なデータを持ち運んでいた従来の運用を、グループウェアの「ファイル共有」を移行することで、セキュリティを強化。

大幅な業務の効率化

グループウェアの「スケジュール機能」を使うことで、内線・外線電話による従業員の離籍/在籍確認の時間を大幅に削減。

コスト削減

「設備予約機能」で社用車の利用状況を可視化。使われていない2台の車両を処分し、コスト削減。

業務状況を見える化で、改善を支援

「スケジュール機能」によって、従業員それぞれの就業業況や業務内容を見える化し、改善に役立てています。

無料で使えるグループウェア4選

最近は無料のグループウェアも数多く提供されており、「まずはコストをかけず使ってみたい」という時、気軽に利用できます。ここでは、4つの無料グループウェアを紹介します。

R-GROUP

約2,000社の日本企業が利用するクラウド型のグループウェア。ユーザー数も、ストレージ容量も無制限。スケジュール/タイムカード/ファイル共有など、12種類の機能が利用できます。世界11言語に対応。iOSとAndroid対応のモバイルアプリがあり、スマートフォンでも利用できます。利用規約には「本サービスにおける無償の電話、FAX等によるサポートの義務は負わないものとします」とあり、問い合わせフォームも見当たりません。

e-Broad Office

スケジュール/ToDoリスト/など、10機能を無料で利用できます。ユーザー数は無制限。無料ながら、在籍確認と最大50MBのファイルを送信できる機能も備えています。モバイル対応は、スケジュール/伝言メモ/ToDoリスト/アドレス帳の4機能のみ。ユーザー間の情報共有に使える掲示板や在籍確認は、モバイルで利用できません。

GRIDY(無料版)

スケジュール/設備予約/プロジェクト管理/メールなど、23の機能を利用できます。ユーザー数は無制限。利用できるストレージ容量は1GBと少な目。スマートフォンに対応していません。電話やメール、問い合わせフォームでのサポートがなく、操作などで困った時は、「よくある質問」や「操作ガイド」を読み、解決するしか方法がありません。

サークルスクエア

約62万人のユーザーが利用しているグループウェア。スケジュール/掲示板/メール配信/フォルダなど、17機能をスマートフォンで利用できます。メンバー間のコミュニケーションに使用する「つぶやき」は、140字以内の短文。共有資料などを保管しておくストレージもありません。サークル活動やイベントでの利用が多いグループウェアなので、ビジネス向きとは言えないでしょう。

無料グループウェアのメリットとデメリット

無料のグループウェアのメリットは、何といってもコストがかからないことです。固定経費を少しでも抑えたい組織にとっては、これは大きな魅力。初めてのグループウェア導入、という企業にはお薦めです。しかし、その一方で、無料グループウェアは次のようなデメリットを抱えています。

利用できる機能やユーザー数、データ容量の制限

無料である以上、利用できる機能やユーザー数、データ容量に制限を設けているサービスも多いです。無料だからと安易に導入すると、「業務に必要な機能がない」「容量不足でデータを共有できない」といった問題が発生します。また、企業が成長し、利用ユーザー数を増やすことになれば、有料版へのアップグレード、あるいは他のサービスへの乗り換えは避けられません。自社の業務や今後の事業計画を見据えた観点で、サービスを選ぶ必要があります。

操作方法やトラブル発生時のサポートが不十分

無料サービスには、充実したサポート対応を期待できません。電話やメール、フォームといった問い合わせ窓口のないサービスも多く、問題が発生すれば、自社で解決するしかありません。情報システム部門がない企業やITに詳しい人がいない企業にとって、これは大問題。業務がストップする恐れがあります。

突然のサービス提供終了のリスク

無料サービスには、サービス提供の中止・中断などを利用規約で免責としているケースが多く、突然、利用できなくなる可能性があります。その一例が、2019年4月にサービス提供を終了したサイボウズLive。有料版に注力するという方針で、無料版の提供が打ち切られ、200万を超えるユーザーが代替サービスの選定・導入に追われました。無料のグループウェアは、有料版と比較して、突然のサービス終了のリスクが高いといえるでしょう。

図1:無料のグループウェア 導入のメリット・デメリット

図1:コストメリットに比べ、デメリットが多い無料のグループウェア

無料のグループウェア 導入前の注意ポイント

無料のグループウェアを導入する前に、注意しておきたいポイントを紹介します。

組織の成長やグループウェア活用を最優先に

本気でグループウェアを業務に活用したいと考えるのであれば、機能・ユーザー数・ストレージ容量などの拡張性が高いサービスを選びましょう。「組織や事業が大きくなった時に考えればいい」では、拡張するたびに、割高な追加費用が必要になります。また、コストを抑えた結果、制限ばかり多ければ、ユーザーは不便さを感じ、グループウェアそのものが活用されなくなります。

トラブルやサービス中止への事前の備え

無料サービスに、充実したサポートや問い合わせ対応は期待できません。そのため、自社での対応を考えておく必要があります。この点をおざなりにしていると、トラブル発生時、迅速に対処できず、業務の中断・停滞を招いてしまうこともあります。また、サービス終了の可能性はゼロではないので、そうした事態に備えたバックアップ・プランを立てておく必要もあります。

サービスのセキュリティをチェック

無料のグループウェアには、セキュリティ対策が不十分なものもあります。グループウェアには、顧客情報や原価情報といった重要な情報が存在する以上、無料・有料を問わず、セキュリティ対策はチェックしてください。サービス提供会社がプライバシーマーク取得済みか、クラウド環境が情報セキュリティに関する国際規格ISO27001の認証を受けているか、などが1つのセキュリティ基準になるでしょう。

図2:導入前に確認しておきたい注意ポイント

図2:導入前に確認しておきたい注意ポイント

まとめ:低料金のグループウェアも選択肢の1つに

無料のグループウェアには、機能が充実・ユーザー数は無制限・モバイル対応といったサービスもあります。しかし、今回紹介したように、無料であるがゆえのデメリットやリスクも存在します。そのリスクを回避し、今後の組織や業務内容の変化に対応し続けるためには、低コストのグループウェアを選択肢の1つに加えることを提案します。

グループウェア「J-MOTTO」は、1ユーザー月150円からという低料金で、ポータル/スケジュール/ワークフロー/Webメール/設備予約/安否確認/文書管理など、25種類の機能が利用できるグループウェアです。ユーザーの追加は10ユーザー単位、ディスク容量の追加は50MB単位ときめ細かな設定。また、最大3ヶ月間の無料お試しトライアルがあるので、他の無料サービスと同様に、使って・試してから、導入を決定できます。

なお、冒頭で紹介した「グループウェア導入効果:A社のケース」は、初めてのグループウェアに「J-MOTTO」を選ばれた企業様の事例です。

  • 掲載しているブランド名やロゴは各社が所有する商標または登録商標です。
  • この情報の著作権は、執筆者にあります。
  • この情報の全部又は一部の引用・転載・転送はご遠慮ください。